2020年4月1日

Ⅳ Special Education Policy (特別支援に関する方針)

 

1 Policy 特別支援に関する考え方

Tokyo Gakugei University International Secondary (TGUISS) believes that answering to special education needs (SEN) of students within our school is an integral part of teaching and learning. In order to ensure maximum support for all SEN students, TGUISS appoints a SEN coordinator at the beginning of each school year and all SEN programs will be arranged under the leadership of this coordinator. TGUISS SEN coordinator also belongs to the TGU SEN Coordinators’ Committee, which meets three times a year and upon request to oversee all matters pertaining to SEN across all Tokyo Gakugei University-affiliated entities.
東京学芸大学附属国際中等教育学校(以下、本校)は、生徒の特別支援教育ニーズに答えることが本校における「指導」と「学習」の重要な側面であると考えます。特別支援が必要な生徒に対し最大限のサポートを行うため、本校では教員の中から特別支援教育コーディネーターを指名し、このコーディネーター主導で特別支援教育プログラムを実施します。東京学芸大学では各附属学校の特別支援教育を監督するため、各校のコーディネーターが集まる委員会が組織されており、最低年に三回、それ以外にも必要に応じ会議が開かれます。

2 Procedure 手順

Students enter TGUISS through the admissions procedures including document review, essay writing and interview.  SEN needs are not considered at the time of admission and all necessary support will be identified after actual enrollment.
Grade level meetings are held every week to identify new SEN students. When a SEN issue is brought up by grade level teachers or any stakeholder of the school, the SEN coordinator will be notified and student guidance division within TGUISS, which meets every week, will carefully study the case. Identification of student behavior that may indicate a need for special attention is based on the handbook published by TGU Center for the Research and Support of Educational Practice. Examples of SEN issues include developmental disorders, truancy, bullying, and unidentified complaints. (Language difficulties are dealt with separately as in Language Policy.) When this division meeting determines that the case should be brought to the attention of TGUISS special support education committee, the SEN coordinator will summon the special committee consisting of school administration, senior teachers, grade level teachers, school nurses and school counselor.
The TGUISS SEN coordinator will then fill in a “SEN coordinator consultation form” to be submitted to TGU SEN Coordinators’ Committee through TGU Department of Affiliated Schools. The TGU SEN Coordinators’ Committee head will set up a supporting team including experts and teachers to compile a support program for each SEN student, ensure proper implementation of the designed program and review the program periodically to support SEN students until graduation.  All staff members at TGUISS will be notified periodically of the identified issues, support program and progress report.
In addition to SEN support, TGUISS has a program to ensure the respect of human rights of students, teachers and staff members.  TGU campus life guidelines are applied to all TGU-affiliated schools to protect all members of school from various types of harassment; including sexual harassment, academic harassment, power harassment and alcohol harassment. A campus life advisor is assigned at TGUISS and complaints can be filed either through the campus life advisor or directly to the TGU campus life committee to be discussed in order to ensure a full investigation and access to legal actions.
本校では、(編)入学生徒を書類審査、作文、面接で決定しています。選抜において特別支援教育のニーズが合否を判断する要素にはなりませんし、(編)入学後に適切な支援を行う体制が整っています。学年担任が集まる会議は週一度設定されており、特別支援が必要な生徒に関して情報が共有されます。新しくサポートが必要な生徒が確認された場合には、特別支援教育コーディネーターが生徒指導部と共に、東京学芸大学教育実践研究支援センターが発行する「特別支援教育と専門相談における『行動支援』の簡易逆引きマニュアル&事例による効果的なアドバイス集」をもとに慎重に検討を行います。
特別支援教育に該当する事例には以下のものが考えられます。発達障害、長期欠席、いじめ、原因のわからない不調、など。(言語に関する支援については「言語方針」参照。)要望がある場合、特別支援教育コーディネーターが主導し管理職、主幹教諭、学年担任、養護教諭、スクールカウンセラーをメンバーとする特別委員会を発足します。
そして、本校の特別支援教育コーディネーターは東京学芸大学附属学校課を通じて「特別支援教育コーディネーター相談用紙」を前述委員会へ提出します。東京学芸大学は相談用紙の内容を検討の上、対象生徒の支援プログラムを開発し、そのプログラムが正しく実施・遂行され、卒業まで継続して支援できるよう、特別支援教育の専門家や教員を含む支援チームを組織します。この件に関して、すべての教員に状況を報告し、生徒情報の共有をはかります。
特別支援のサポートに加え、本校では生徒と教職員の人権尊重を保証するプログラムがあります。東京学芸大学の「キャンパスライフガイドライン」は附属学校に関係するすべての人をセクシュアルハラスメント、アカデミックハラスメント、パワーハラスメント、アルコールハラスメントなどのすべてのハラスメントから保護します。人権侵害について相談に応じるため、委員会を設けており、相談員を配置しています。

Reference
東京学芸大学教育実践研究支援センター(編)、『特別支援教育と専門相談における『行動支援』の簡易逆引きマニュアル&事例による効果的なアドバイス集』、2014年2月。
東京学芸大学キャンパスライフ委員会、『東京学芸大学キャンパスライフ・ガイドライン概要―人権が尊重されるためにー』、2014年4月。